新着情報

お知らせ

2019年10月21日

横浜バイオ医薬品研究センターの運営(YBIRD事業)は令和2年(2020年)3月末をもって終了します。

今後の研究開発・研修業務のご発注は、令和2年(2020年)2月末までに実施・納品が可能な案件に限って受注させて頂きます。(施設見学は同年3月末までお受けしております。)

 YBIRD事業では、平成25年の開始以来、企業や大学等、多くの皆様からご相談・ご要望をいただき、数々の研究・研修業務を受託してまいりました。
 事業実施に際しては、弊財団にて業務を受託し、横浜市内中小企業である株式会社横浜バイオリサーチアンドサンプライ(YBRS社)に技術提供等業務を委託し、アイディア・ノウハウ・技術の提供をとおして、バイオ医薬品の治験薬原薬調製などの成果につなげてまいりました。
 この間我が国におけるバイオ医薬品に関する開発等取組の進展に微力ながら貢献できたものと自負し、事業開始から7年の月日を経る本年度末をもって事業を終了することとしたものです。

 これまでご発注いただきました方や今後の取組を検討されている方からのお問い合わせ・ご相談につきましては、事業終了までの間はもちろん、終了後においてもしばらくの間お受けすることとし、YBRS社と適宜連携・調整のうえ対応してまいりますので、引き続きお気軽にご連絡を頂戴したいと存じます。

 なお、当該YBIRDを一画とする『横浜バイオ産業センター』の施設全体は、ライフサイエンス分野で活躍される企業等の活動拠点・テナントスペースとして、引き続き弊財団にて運営してまいります。
 現YBIRDエリアも事業終了に伴ってテナントスペースへと変更いたします、
 当該スペースには、YBIRD事業のために備えた設備機器の購入者に入居いただけるよう現在入札等手続きのご案内をしております。